Home > 各科のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科

科のご紹介

医師紹介

氏名

林 一誠

役職 泌尿器科科長
学歴 京都府立医科大学 平成13年卒 専門 泌尿器科
学会
資格
所属学会 資格
日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本透析医学会  
日本泌尿器内視鏡学会  
日本癌治療学会  
日本排尿機能学会  
氏名

前川 幹雄

役職  
学歴 京都府立医科大学 昭和53年卒 専門 泌尿器科
学会
資格
所属学会 資格
日本泌尿器科学会 専門医

日本泌尿器科学会専門医教育施設

 

概要・治療方針

泌尿器科では、尿路(腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道)と内分泌臓器(副腎、副甲状腺)と男性生殖器の疾患を担当しております。

排尿困難や頻尿や尿失禁などの排尿症状の訴えで泌尿器科を受診される方が一番多いです。特に尿意切迫感(急に強い尿意をもよおし我慢が難しい状態)を主症状とする過活動膀胱が多いです。過活動膀胱に対しては生活指導、内服薬による治療などの保存的治療にて経過をみます。それでも改善がえられない難治性過活動膀胱には、仙骨神経刺激療法なども考えます。中年以降の男性でよくみられる前立腺肥大症に対しては薬物療法が中心となりますが、薬物療法で症状が改善しない症例には内視鏡手術(経尿道的手術)も行なっております。

尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)の患者様も多く、小さいサイズの尿路結石には体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を、ある程度大きな結石には内視鏡手術(経尿道的あるいは経日本泌尿器科学会専門医教育施設皮的)による結石破砕手術を行なっております。体外衝撃波結石破砕術は低侵襲でありますが、破砕片は自力で排出する必要があります。一方内視鏡手術は麻酔が必要ですが、結石を破砕するだけではなく破砕片も除去しますので、治療成功率が非常に高いです。

泌尿器科の悪性腫瘍には腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、陰茎癌、精巣癌などがあります。腎癌と腎盂尿管癌に対しては当院でも腹腔鏡手術を行なっております。進行性の癌には、抗がん剤や分子標的薬などによる治療を行なっております。去勢抵抗性前立腺癌に対する化学療法は、当院化学療法室のスタッフと連携しながら、外来通院で行なっております。放射線治療については他施設に紹介しております。がん患者様の心のケアも重要であり、精神科、臨床心理士と協力しながら行なっております。がんという病気のみをみるのではなく、患者様全体を見るように心がけております。

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575