中央診療機能のご案内

Home > 中央診療機能のご案内 > 薬剤課

2012年4月の診療報酬改定で病棟で働く薬剤師業務が点数化されました。

このことは近年、病棟で働く薬剤師の様々な業務内容が認められ、期待されている証と言えます。
私たち薬剤師は入院の患者様のみならず地域の患者様の「くすり」に対する相談役となり、副作用等を未然に防いだり初期の段階で気づくことができるよう一層努力し、薬物治療の安全性の確保と有効性と安全性の向上に貢献できる薬剤師を目指しています。

私達と一緒によりよい薬物治療を目指しましょう。

薬剤部門 部長 西岡 優子

チーム医療 基本業務 病棟常駐薬剤師 研修・学習 採用情報

 

チーム医療

現在、栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、感染対策チーム、ACLSチーム、がん化学療法チームでもチーム医療の一員として、活躍しています。医師、看護師、その他医療スタッフとともに、各チームで行われるカンファレンスや病棟回診などに参加し、薬剤師として薬学的な観点から患者さんに最も安全で適切な医療を提供できるように取り組んでいます。

栄養サポートチーム(NST)

栄養管理はすべての治療の基本です。NSTの薬剤師は、患者さんに適した輸液や栄養薬剤を考え、推奨をしています。また、学会発表や講師活動も行っています。患者さんの病態・生活に沿った栄養管理ができるように他職種と協力し、活躍しています。

感染対策チーム(ICT)

ICTは院内感染を拡げないように、薬剤師もその一員として抗菌薬使用状況の把握や消毒薬の管理などの活動をしています。抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬のTDMを行い、薬剤師からの抗菌薬の適正使用の推進に努めています。

がん化学療法チーム

抗がん剤治療がスムーズに進められるよう、医師・看護師と協力して、副作用チェックやレジメン管理等行っています。また、外来化学療法センターでは、混注と患者への投与スケジュールの説明や副作用のチェック、対策のアドバイスなど2名体制で分担して行なっています。

緩和ケアチーム

PCTでは、患者さんのその人らしさを大切にし、身体的、精神的、社会的苦痛を和らげるために活動しています。薬剤師は、チームの活動を通して薬物治療をはじめ多くのことを考え学ぶことができます。

ACLS(二次救命処置)チーム

心停止症例などの社会復帰率の向上に貢献することを目標に掲げ、現実さながらの災害訓練なども定期的に行っています。救急の場面において必要な薬剤の正しい選択、使用方法を薬剤師として啓蒙し、またAEDの使い方なども習得し医療人として救急の場面に対応するべく薬剤師も参加しています。

 

ページの先頭へ

 

基本業務

安全安心の薬物療法を提供するために・・・

調剤

無菌調製

内因製剤


キシロカインドロップの調製

調剤

 

 

など活躍する場は様々です。

 

ページの先頭へ

 

病棟常駐薬剤師

入院患者への薬の説明から、医師、看護師からの薬の相談への回答、TDM、薬剤に関しての学習会を開くなど、その働きは多岐に渡ります。

 

 

ページの先頭へ

 

研修・学習

 

 

毎朝の5分間学習会や薬剤の勉強会を行っております。

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575