中央診療機能のご案内

Home > 中央診療機能のご案内 > 病理診断科・病理技術課

病理診断科・病理技術課

細胞診教育セミナー募集案内

病理検査とは

人体より採取された組織や細胞などの検体から標本を作製し顕微鏡下で観察し、悪性腫瘍(がん)などの診断をする検査です。
病理検査の結果により、治療方針の決定や予後の推定が行われます。

当院では、常勤の病理医・細胞診専門医1名及び細胞検査士5名で病理組織・細胞診標本作製から病理診断まで行っています。診断後の標本およびデータの管理なども重要です。
また病理解剖も行っています。

 

組織診断

病変の一部から内視鏡等で採取された組織を診断する生検組織診は、悪性病変の有無だけでなく、炎症性疾患の確定や程度、治療効果判定等様々の目的で行われており、通常の染色法のみならず、特殊染色や免疫組織化学染色を必要に応じ加えることにより、より的確な診断を行うようにしています。手術で摘出された組織は適宜画像記録後顕微鏡用標本を作製し、悪性病変か良性病変か、悪性病変ならば進行度、悪性度、必要に応じ癌関連遺伝子産物過剰発現の有無等検討し、術後の治療に結びつくより多くの情報を含んだ診断・報告をするように心がけています。

 

細胞診断

子宮癌検診や乳腺から採取した標本、尿、喀痰、胸水腹水等の体腔液、病変部の穿刺等から得られた細胞を顕微鏡用標本に作製し、細胞検査士が癌細胞や、癌が疑われる細胞を検出します。
悪性病変の有無を目的とする場合が多く、判定困難・悪性判定例では、全例について、細胞診専門医が加わったカンファレンスにて検討した後に診断・報告しています。
良性判定標本のダブルチェックも適宜行っています。

 

術中迅速組織・細胞診断

手術中に、切除断端・リンパ節組織等の凍結切片を作製・診断することで、悪性病変の有無や切除範囲・術式決定の一助となっています。胸腹水などの術中迅速細胞診も行っています。

 

病理解剖

ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さまの疾病の原因、診断 及び治療効果の判定を行うもので剖検ともよばれます。生前その患者さまに対して、病名は正しかったのか?また、適切な治療が行われていたのか?直接的な死因は何だったのか?を調べます。いかに画像診断が進歩しても直接調べる病理解剖は重要です。

そして病理解剖を行った場合には、全例について、治療を担当した臨床医を含め、「臨床病理カンファレンス:CPC」を行い、詳細に検討させていただいています。

 

細胞診教育セミナー

細胞検査士の学会認定資格取得を目指す臨床検査技師のための勉強会を1984年から主催しています。京都府内のみならず近畿各府県の医療施設から参加者を受け入れ、細胞検査士育成に努めています。現在、170名以上の卒業生が細胞検査士として活躍中です。

 

 

カンファレンス等

スタッフ全員による細胞診カンファレンス風景

日常診断における当スタッフ内カンファレンスの他、消化器内視鏡カンファレンスや乳腺カンファレンス等他科との合同カンファレンスも定期的に行い、診療の質の向上、治療に繋がるより的確な情報の提供に努めています。肉眼標本や顕微鏡標本の管理・保存も行っており、過去の診断については、すべてデータベース化されていますので、検索も容易であり、研修や精度管理にも役立てています。

 

 

病理検査実績年度比較

  2007
年度
2008
年度
2009
年度
2010
年度
2011
年度
2012
年度
2013
年度
2014
年度
2015
年度
2016
年度
前年度比
2016
/2015
 
組織 迅速 50 67 59 54 59 86 60 47 48 55 114.6%
通常 手術 - 670 682 639 668 780 637 445 535 542 101.3%
生検 - 1041 911 910 997 1113 1125 1099 1051 886 84.3%
ポリペク - 174 165 230 257 272 253 232 293 323 110.2%
EMR - 44 35 43 47 62 75 70 78 82 105.1%
その他 - 107 99 61 45 75 72 70 80 65 81.3%
2062 2036 1892 1883 2014 2302 2162 1916 2037 1898 93.2%
2112 2103 1951 1937 2073 2388 2222 1963 2085 1953 93.7%
ブロック数 2013年度より集計開始 7597 7091 8389 7709 91.9%
組織診断料 - 1736 1633 1631 1714 1907 1857 1808 1902 1791 94.2%
細胞 保険診療 迅速 - - - 7 12 22 16 1 2 1 50.0%
婦人科 3039 3048 3040 3195 3162 3323 3389 3160 3476 3528 101.5%
その他 R - 194 189 139 171 138 138 135 115 28 24.3%
U - 55 51 47 55 59 40 51 56 111 198.2%
F - 197 251 179 190 210 191 181 186 168 90.3%
B - 195 195 177 184 246 148 143 171 136 79.5%
TH - 0 0 4 3 1 1 1 0 1 -
LY - 25 14 11 8 15 7 9 8 7 87.5%
D - 32 14 22 9 49 28 22 22 21 95.5%
O - 5 9 9 12 8 6 4 3 8 266.7%
632 703 723 588 632 726 559 546 561 480 85.6%
3671 3751 3763 3790 3806 4071 3964 3707 4039 4009 99.3%
検診 婦人科 54 152 253 411 285 145 117 69 125 96 76.8%
その他 44 1 0 0 0 0 0 0 0 0 -
府がん検 585 437 632 746 898 770 568 652 555 552 99.5%
683 590 885 1157 1183 915 685 721 680 648 95.3%
4354 4341 4648 4947 4989 4986 4649 4428 4719 4657 98.7%
細胞診断料 - - 0 595 644 748 575 418 458 416 90.8%
病理検査判断料 - 3104 3185 2900 2581 2696 2846 2951 3234 3321 102.7%
剖検 18 11 9 12 13 9 10 10 11 7 63.6%
CPC - 16 7 12 11 12 9 13 11 8 72.7%
特殊染色 2014年度より集計開始 1105 1514 1422 93.9%
免疫染色 酵素 139 150 354 743 827 1072 851 897 876 893 101.9%
蛍光 28 23 19 25 17 26 33 20 22 11 50.0%
電顕 27 21 20 24 17 23 27 16 19 12 63.2%
介助 腎生検 - 23 19 25 16 23 30 17 20 10 50.0%
気管支鏡 - 60 59 37 70 64 59 57 41 0 0.0%
その他 - 17 11 13 13 25 13 15 15 23 153.3%

 

 

ページの先頭へ

京都民医連中央病院

〒604-8453 京都市中京区西ノ京春日町 16-1
電話:075-822-2777 ファクス:075-822-2575